義肢装具士の仕事

義肢装具士の仕事

技術のその先へ、ひとりひとり違う使いごこちをデザインする。

私たちの仕事は、義肢装具の採型から製作、適合を通して、患者様や身体に障がいを持ってしまった方々に満足を提供することです。そのためには、よい製品を生み出す技術が必要であることはもちろんですが、それ以上に義肢・装具を使用される方々に信頼していただき、的確にニーズをつかみ相手の立場になって考えることのできる人間性が必要だと思います。これからの義肢装具士を象徴するような広い知見を持った後輩が多く輩出されることを期待しています。

義肢装具士

義肢装具士の仕事

  • 採 型

    医師の処方に基づき、患者様の患部をギプス包帯で型採り中。そのコピーを元に、医学的根拠から必要とされる修正を加えて、オーダーメイドによる義肢装具が製作されます。

  • 加 工

    モノづくりは、専用の工具や機械を巧みに利用して、工学的根拠から必要とされる義肢装具を作るために、多種多様なデザインと素材を使い分けて製作しなければなりません。

  • 適 合

    最も重要なのは、製作された義肢装具を使用者個々にフィッティングさせる「適合」。その評価は、医師をはじめ他のコ・メディカルと連携して行っています。

  • 連 携

    義肢装具だけではなく、車いすや介護用品などの福祉用具にも携わります。スポーツ時のケガの予防のため、サポーターやプロテクター、インソールなども要望に応じて製作します。

義肢装具士とは

義肢装具士法(1988年施行)で制定された比較的新しい医療関係職種の1つです。義肢や装具(身体の欠損や機能低下を補うための器械)を製作し適合するのが仕事です。
病院にあっては、看護師や理学療法士と同じように医学的治療の段階から関係します。したがって、医学的な知識と医療者の倫理が要求されるのは当然ですが、それに加えて製作にあっては、「もの作り」に欠かせない基礎工学理論の理解と先端技術を含む幅広い工学的知識が必要とされます。
さらに造形的なセンスや審美眼までもが要求される高度な専門性を持った職種です。

義肢装具士とは

義肢装具士の業務

大きく分けて、義肢や装具を適用する部位の採型(かたどり)、製作および身体への適合の3つから成り立ちます。免許がない人でも、技術者として製作の一部を担当することはできますが、採型と適合は患者さんと直に接する行為ですから義肢装具士の免許がないとできません。また、医療行為の一環としての業務であるため、治療の責任者である医師の指示と処方に基づいて行う必要があります。
看護師や療法士が医療施設の職員として働くのに対して、義肢装具士は独立した会社の職員として就業する場合が多く、その先には意志と努力で自ら会社を起業することも可能な点で大きく異なります。

義肢装具士の業務

義肢装具士(P&O)になるには

義肢装具士法で定められた教育施設で 修学し、卒業した者だけに国家試験を受験する資格が与えられます。国家試験は年一回以上(通常毎年2月下旬)行われ、これに合格すると厚生労働大臣より義肢装具士の免許が与えられ、国の義肢装具士名簿に登録されます。
義肢装具士は国の定める「名称独占」で、さらに医療に関わる部分では「業務独占」業種に指定されています。

義肢装具士(P&O)になるには

資格取得へのプロセス

義肢とは

四肢(手足)の全部または一部を失った人に対して、もとの形や機能を補うために作る人工の手足のことをいいます。なくなった手足の寸法に合わせてプラスチック、金属、木材、ゴム、革などの部品と材料を使って作ります。重量はもとの手足の1/3から1/4くらいで、同じものを2年から5年くらい使用できます。
片足の膝より下で切断した人の場合にはほとんど普通の人と変わりなく生活できます。膝の上で切断した人でも、部品と製作技術の進歩によって、現在は義足を使用していることがわからないくらい普通に生活している方が急速に増えています。

義肢とは

装具とは

四肢や体幹の機能が侵された人に使用します。患部を固定、保護したり、変形を防いだり、失った筋の働きを補ったりする目的で、主に治療の補助手段として用います。
症状の変化に伴って使用目的が変化するため、種類が多く、多種多彩なデザインと素材を使い分けて製作しなければなりません。義肢装具士が、医療チームの一員としての働きを最も求められる分野です。

装具とは

義肢装具士 イメージ

ページトップ