言語聴覚士の仕事

言語聴覚士の仕事

「ことば」と「聞こえ」をサポートし、コミュニケーションの力を引き出す。

現在の職場では、リハビリテーション科に所属しています。障がいによっては、必ずしも回復の方向に向かわない場合もありますが、一人ひとりの方の症状をしっかり見、その方の個性をとらえながら様々な検査・訓練をしています。新しく出会う患者様に対しては、常に真剣勝負で取り組み、信頼関係が築けるように努力しています。訓練計画を立て実際に訓練を行っていくことは、患者様の人生がかかっていますので、プレッシャーも大きく緊張もありますが、その分やりがいも大きいと思っています。

言語聴覚士

言語聴覚士の仕事

  • 失語症の訓練・指導

    ことばが思うように話せない障がいを持つ方に対し、検査や訓練、指導を行います。唇や舌を動かす検査、良い声を出す練習、言葉を思い出す練習等一人ひとりの症状にあわせ援助します。

  • 発達障がいの訓練・指導

    ことばの発達やコミュニケーションの力を促すように、指導、訓練を行います。興味を持って取り組んでもらえるよう、子どもの状態に合わせて様々な工夫が必要です。

  • 嚥下障がいの訓練・指導

    自宅に訪問してリハビリを行うこともあります。実際の食事場面で、食べ物の飲み込みの訓練をしたり、ご家族に対して、食事内容や介助方法のアドバイスを行います。

  • 聴覚障がいの訓練・指導

    聴覚検査を行ったり、補聴器装用のアドバイスを行ったりします。また、人工内耳の手術後に聞こえをサポートする訓練も行ないます。

言語聴覚士とは

1997年制定の言語聴覚士法に基づく厚生労働大臣認可の国家資格です。
話すこと・聞くこと・食べることに問題のある方たちに訓練や指導をしてサポートをする仕事です。

言語聴覚士は以下の障害に悩む方たちを支援しています。

  • 失語症(話す、書くなどが難しい。言葉が思い出しにくい)
  • 聴覚障害(生まれつき言葉を聞くことが難しかったり、加齢や病気などにより聞こえが悪くなる)
  • 嚥下障害(上手に飲み込むことができない)
  • 言語発達障害(ことばの発達が遅い、うまくコミュニケーションがとれない)
  • 構音障害(ろれつが回らない、おさかな→おちゃかな など発音を誤る)
  • 音声障害(声が嗄れる、声が出ない)
  • 吃音(言葉の一部を繰り返したり、詰まる)

言語聴覚士の業務

上記の障害でお困りの方に対して、病院でのリハビリテーション医療のスタッフの一員として、検査・評価を実施し、訓練・指導を行います。
幼児から高齢者まで、障害にお困りの方は幅広い年代にわたりますが、小児専門、高齢者専門のリハビリテーションに携わる言語聴覚士もいます。病院以外にも、福祉施設、介護施設、学校、保健所、訪問リハビリテーションなどで活躍しています。

言語聴覚士(ST)になるには

高校卒業者は、①言語聴覚士養成課程のある4年制または3年制の大学、短期大学、専修学校を卒業すること、
大学卒業者は、②2年制の大学、短期大学の専修科または専修学校を卒業することで、
国家試験の受験資格を得ることができます。
本校は、補聴言語学科で①のカリキュラム、聴能言語学科で②のカリキュラムを受講できます。

資格取得へのプロセス

ページトップ