学院案内

ごあいさつ

学校法人珪山学園 理事長 鵜飼敦子

我が国は世界一の長寿国になりました。医学と医療技術の進展のお蔭で、難しい疾患も完治し得るものから、障害と共存し、時として人間の尊厳を守りつつ生命の維持可能な状況になって来ました。人々の、健康と病気・老齢と障害に対する関心や、日常生活水準の改善・向上を願う意識は益々高まりつつあります。そうした背景より心身の健康の維持、増進に対する問題、疾病と障害者に対して、その本質と多様化、高度化、重複化に対する適切な医療とリハビリテーション、急速な高齢化社会の進展と核家族化による介護の困難性といった社会的問題という諸問題に対して、医療・保健・福祉は一体で緊密な連携のもとに、障害者の社会参加を促す気運作りといった新しい原則、「ノーマライゼーション」の理念に基づいて対応していかなくてはなりません。

従って医療・保健・福祉を担当する専門職種は数多く誕生してきており専門技術者が多数必要になります。

日本聴能言語福祉学院は、高齢者や障害者に自立と社会参加の出来る様に、人間性豊かで総合的な質の高い知識と技術を習得させて、一人でも多くの卒業生を巣立たせ、地域社会の福祉に貢献することを目的としております。

学校法人珪山学園 理事長 鵜飼敦子

専門学校日本聴能言語福祉学院 学院長 今川健司

みなさんは、医療・介護を支えている職種がどれほどあるかご存知でしょうか。

人口の高齢化、核家族などの社会的要因も加わり、医療と福祉の連携が重要な課題となり、専門職種は多岐多様にわたっています。医療の向上は、医学の進歩、自然科学系・人文科学系の研究、工学系の研究、情報などのあらゆる分野の研究の応用、知見の蓄積により成し遂げることができます。医療の世界では文系・理系にかかわらず様々な専門職が知識・技術の研鑽を積むとともに、チームを組み医療行為を行っています。「チーム医療」の重要性は、核家族の増加や高齢化社会をむかえていることもあり、ますます重要になることでしょう。チーム医療のメンバーとなる人材を育成することは、医療の質の向上、心身の健康の維持、増進と健康寿命の延長を図るうえで重要なことであります。当学院は、チーム医療のメンバーとなる人材を育成するために、言語聴覚士、義肢装具士の育成を目的に設立された草分け的な学院であり、多くの卒業生が、専門職として全国の施設でめざましい活躍をしています。

在学中に専門職としての知識と技術を習得することはもちろんですが、心豊かな医療人としての教養を身に着けることが大切と考えています。志しある若人が、専門職として「チーム医療」を担うメンバーとして自立できるようにお手伝いをしています。

専門学校日本聴能言語福祉学院 学院長 今川健司

聴能言語・補聴言語学科 学科長 島田康弘

医学はめざましい進歩を遂げ、死滅した身体部位や神経再生の可能性、人工内耳の普及による高度難聴者の聴力回復の可能性なども広がってきています。しかし、人間の脳をはじめ、身体の細かい仕組みについては、いまだ解明されていないこともたくさんあります。言語聴覚士の仕事は、脳の中で行われる様々な活動にアプローチし、脳血管障害や発達障害などによるコミュニケーション障害を持つ方々のコミュニケーションの力を引き出す仕事です。また、聴くことが不自由な方や話すための運動機能に障害のある方々のコミュニケーションを補償し、社会の中で他者との関わりを紡いでいく仕事でもあります。最近はコミュニケーションだけでなく、人が生きるために必要な食べることへの支援についても言語聴覚士の仕事として期待されるようになってきています。

学院の授業では、基礎医学や心理学、言語学などの専門基礎分野から、言語聴覚障害に関する専門分野までを学びますが、単に知識だけを習得するのではなく、演習や実習を通して相手に対する敬意や周りへの配慮のできる人間性を育てたいと考えています。また、自ら考え学んでいく姿勢や、問題を深く考えていく研究心を育てるよう指導しています。臨床現場で関わる多くの方々と、ともに考え進んでいける人材育成が目標です。

聴能言語・補聴言語学科 学科長 島田康弘

沿 革

1960年10月 鵜飼昌訓により鵜飼外科・消化器科医院を開院。
1974年 7月 鵜飼病院設立。
1977年 7月 医療法人珪山会鵜飼病院と改組。
1982年 4月 中部リハビリテーション専門学校・理学療法学科設立。
1985年 3月 若宮診療所耳鼻咽喉科開院。
1985年 4月 日本聴能言語学院・聴能言語学科設立。
1987年 4月 日本聴能言語学院・義肢装具学科、補聴器学科併設。
1989年 4月 日本聴能言語学院・介護福祉学科併設。
1990年 3月 老人保健施設若宮開設。
1991年 4月 中部看護専門学校設立。
1992年 4月 日本聴能言語学院・補聴言語学科併設。補聴器学科廃止。
1995年 4月 (法)日本聴能言語学院を学校法人日本聴能言語福祉学院として改組。
1997年 4月 (法)日本医療福祉専門学校を設立。
2000年 7月 鵜飼リハビリテーション病院設立。
2000年 8月 老健第一若宮設立。
2002年 2月 鵜飼リハビリテーション病院が医療機能評価機構より認定証受領。
2008年 4月 日本聴能言語福祉学院・介護福祉学科廃止。

ページトップ