補聴言語学科

カリキュラム

講義・演習

補聴言語学科では、1年次に「基礎科目」「専門基礎科目」、2年次に「専門科目」、2年次の最後と3年次に「実習」というように段階的に学べるようにカリキュラムを構成しています。豊富な臨床経験と実績を持つ専任教員の他、各大学、病院等の高名な先生方を外来講師としてお招きしており、充実した講義を保証します。経験豊富な言語聴覚士の先生の講義では現場の雰囲気も充分伝わってきます。
さらに補聴言語学科入学の短大卒・大卒者には、審査による科目履修認定制度があります。

基礎科目(教養科目)

これから学んでいくことに関連のある教養科目がいくつかあります。特に人と関わる仕事を目指すわけですから、自分のコミュニケーションスキル等について考える機会を持っていきます。

コミュニケーション概論

自分の今のコミュニケーションのあり方を見つめなおし、コミュニケーションスキルをアップさせるためのトレーニングをします。

コミュニケーション概論

専門基礎科目:基礎医学系

「医学系」という言葉を聞くと、難しい印象を持つかもしれません。しかし、言語聴覚士として必要な知識を、ベテランの先生方が1から丁寧に教えてくださいますので、心配不要です。

解剖学

人間の構造を知る基礎医学の科目です。特に、筋・骨格や神経系について専門分野で学ぶ上で重要となる項目を中心に学びます。

解剖学

専門基礎科目:音声・言語学系
音響学

難しい内容なのに分かりやすく丁寧な授業です。本校の授業内容が本として出版されて他の言語聴覚士養成校の教科書として使われている…という話も。

専門基礎科目:心理学系

言語聴覚士は人と関わる仕事であり、心理学系の知識も非常に重要です。複雑な「心理」学をその分野を専門としている大学の先生方を中心に、演習を交えてわかりやすく、丁寧に教えていただきます。

学習・認知心理学

自分の学習についても考えられますよ!

専門科目

専門科目は、豊富な臨床経験を持つ専任教員の他、各大学、病院等の高名な先生方をお招きし、演習を豊富に含む内容で構成しています。特に臨床の流れに沿って考えていけるよう工夫し、グループワークやレポート作成、演習を繰り返し行っています。一人ひとりが臨床の現場でしっかりと患者様に向き合えるよう、グループと個人の演習を組み合わせ、教員との関わりも非常に密な状態です。
特に「言語聴覚障害診断学演習」などでは、実習での課題に連動させ、段階的に学んでいけるような工夫もしています。

言語聴覚障害概論

グループ発表や、病院見学、施設見学など受身でなく自ら学ぶ姿勢も必要です。

言語聴覚障害概論

運動障害性構音障害

口や舌などの障がいによる、言葉の話しにくさを勉強します。
授業では検査などの演習が入ってきます。

運動障害性構音障害

言語聴覚障害診断学

症例のデーターから予測される障害を考えます。
実際の臨床の流れに沿って、初回面接やスクリーニングを行い、最終的には訓練プログラムを立案します。CTの診方の講義もあります。

言語聴覚障害診断学

カリキュラム表

実際の臨床に直結する専門分野の講義時間数が充実しているのが特徴です。下記カリキュラムの他に見学実習、学内実習、症例報告会…など実践力をつける「学ぶ工夫」が豊富です。

1年次
基礎分野 人文科学 書道/声楽
社会科学 心理学概論/コミュニケーション概論
自然科学 内分泌学/統計学/生理学
外国語 外国語Ⅰ
専門基礎分野 基礎医学 医学総論/解剖学/生理学/病理学
臨床医学 耳鼻咽喉科学
音声・言語・聴覚医学 呼吸発声発語系の構造、機能、病態/聴覚系の構造、機能、病態/神経系の構造、機能、病態
心理学 臨床心理学/生涯発達心理学/学習、認知心理学
言語学 言語学/言語心理学
音声学 音声学
音響学 音響学/聴覚心理学
言語発達学 言語発達学
社会福祉・教育 社会保障制度/リハビリテーション概論
専門分野 言語聴覚障害学総論 言語聴覚障害概論
失語・高次脳機能障害学 失語症Ⅰ/高次脳機能障害
聴覚障害学 聴覚障害Ⅰ/聴覚障害Ⅱ(演習)
選択必修   一般臨床医学/解剖学/電子工学
2年次
基礎分野 外国語 外国語Ⅱ
専門基礎分野 臨床医学 内科学/小児科学/精神医学/リハビリテーション医学/耳鼻咽喉科学/臨床神経学/脳神経外科学/形成外科学
臨床歯科医学 臨床歯科医学、口腔外科学
心理学 心理測定法
専門分野 言語聴覚障害学総論 言語聴覚障害診断学/言語聴覚障害臨床演習
失語・高次脳機能障害学 失語症Ⅱ(演習)/高次脳機能障害
言語発達障害学 言語発達障害Ⅰ/言語発達障害Ⅱ
発声発語・嚥下障害学 音声障害/運動障害性構音障害Ⅰ/運動障害性構音障害Ⅱ(演習)/嚥下障害Ⅰ/嚥下障害Ⅱ/機能性構音障害/吃音
聴覚障害学 聴覚障害Ⅰ/聴覚障害Ⅱ(演習)
臨床実習 評価実習
選択必修   イヤーモールド・補聴器適合/言語聴覚障害臨床演習
3年次
基礎分野 保健体育 保健体育Ⅱ
専門基礎分野 社会福祉・教育 関係法規
専門分野 言語聴覚障害学総論 言語聴覚障害臨床演習
失語、高次脳機能障害学 失語症Ⅲ
言語発達障害学 言語発達障害Ⅲ(演習)
発声発語、嚥下障害学 音声障害/器質性構音障害
聴覚障害学 聴覚障害Ⅰ/聴覚障害Ⅱ(演習)/聴覚障害Ⅲ
臨床実習 臨床実習/聴覚検査実習
選択必修   言語聴覚障害臨床演習

 

ページトップ