聴能言語学科

教員メッセージ

坂下 亜希子

私にしかできない「何か」を探して “言語聴覚士” という職業と出会い、この学院に入学しました。卒業してから働いた現場では、毎日出会うたくさんの患者さまが私の元気の源でした。言語聴覚士を待っている方はたくさんいらっしゃいます。あなたにしかできない「何か」を生かせる場がきっと見つかります。

坂下 亜希子(言語聴覚士)

【担当教科】
嚥下障害、運動障害性構音障害、言語聴覚障害診断学、
言語聴覚障害臨床演習

大倉 智衣

障害があるお子さんとその親御さんと関われるお仕事がしたくて言語聴覚士になりました。「自分の子どもなのにどう育てていいか分からない。」「どう接したら子どもが伸びるか。」等々。親御さんとともにお子さんの育ちを一緒に考えて、成長を見守っていくことができます。お子さんたちがぶつかっていた壁を乗り越えた時に見せてくれる笑顔は最高です!お子さんと親御さんと一緒に成長し合える楽しい仕事だと思います。

大倉 智衣(言語聴覚士)

【担当教科】
言語発達障害学、言語聴覚障害診断学、言語聴覚障害臨床演習

松川 智美

患者様の障害や病気だけをみるのではなく「人」をみて、その方らしい生活を過ごしていただくための支えになりたいと常に考えて病院で12年勤務をしました。0歳~100歳を超えた様々な方に接し、多くのことを教えていただきました。言語聴覚士はその方の人生に寄り添うことができ、喜びを共有することもできる素晴らしい仕事です。人が好きで人と関わる仕事に興味がある方はぜひ一緒に学びませんか。

松川 智美(言語聴覚士)

【担当教科】
失語症、言語聴覚障害概論、言語聴覚障害診断学、
言語聴覚障害臨床演習

宮田 晶子

コミュニケーションが難しい、食事がうまくできない。そんな生活を想像してみてください。ずいぶん味気のない人生です。そのような患者さんを手助けできる仕事が言語聴覚士です。患者さんに喜んでもらえた時には、自分自身の喜びもひとしおです。皆さんも一緒に目指しましょう。

宮田 晶子(言語聴覚士)

【担当教科】
高次脳機能障害学、聴覚障害、言語聴覚障害診断学、
言語聴覚障害臨床演習

園田 明子

社会人を経て本学校卒業後、言語聴覚士として12年間病院にて勤務していました。他職種と交流していると、言語聴覚士はまだまだ活躍の場があると感じられます。上手くコミュニケーションをとりながらの柔軟な対応が望まれています。食事が取れない、自分の意志が伝えられないことはとても寂しいことです。言語聴覚士はその手助けをし、人からありがとうと言ってもらえる良い仕事です。やりがいを見つけて一緒に勉強し続けましょう!

園田 明子(言語聴覚士)

【担当教科】
失語症、高次脳機能障害学、言語聴覚障害診断学、
言語聴覚障害臨床演習、コミュニケーション概論

杉浦 哲平

「ことば」の仕事に就きたくて、言語聴覚士の道を目指しました。現場は中々一筋縄ではいきませんが、患者さんを通じて、広い視野と深い充実感を得ることができます。本学で一緒に成長していきましょう!

杉浦 哲平(言語聴覚士)

【担当教科】
失語症、言語聴覚障害診断学、言語聴覚障害臨床演習

ページトップ