義肢装具学科

教員メッセージ

宮本 武志

義肢装具士という職業は、歩くことが出来なかった人が義足を使用することにより歩けるようになったり、走れるようになったり、または、障害の残っている下肢の部分を下肢装具や靴型装具を使用することで歩けるようにすることが出来るなど、結果が目に見えて分かることから、患者様の喜ぶ姿に接することが出来る魅力のある仕事です。

宮本 武志(義肢装具士)

【 担当教科 】
上肢装具概論、下肢装具概論、体幹装具(実習)、
上肢装具(実習)、下肢装具Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ(実習)

芥川 雅也

義肢装具士は『モノづくり』だけの仕事ではありません。モノづくりの第一歩は、医師、そして義肢装具を必要とする患者様との『コミュニケーション』から始まります。医師、患者様それぞれのニーズを把握し、それに応えられるモノをつくりだす。義肢装具士は『モノづくり』と『コミュニケーション』の仕事です。自分のつくりだしたモノが、目の前で喜ばれる、そんな仕事にやりがいを感じるキミを応援します!

芥川 雅也(義肢装具士)

【 担当教科 】
義足概論Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ、下腿義足Ⅰ・Ⅱ(実習)、
大腿義足(実習)

名和 大輔

「患者様の損失した部分や失ってしまった運動機能を補い、自立した生活を再獲得させる」義肢装具士はそんな仕事です。義肢装具士になるためには、医学的知識や工学的知識はもちろんのことながら、人との関わりに興味があることが必要です。「医療」と「モノづくり」、そして「人」に関わる仕事や、難しいけれど十分にやりがいを感じられる仕事に興味ある方々、我々が全力でサポートします!ぜひ一度見学に来てください!!

名和 大輔(義肢装具士)

【 担当教科 】
下腿義足Ⅰ・Ⅱ(実習)、下肢装具Ⅱ・Ⅲ(実習)、
大腿義足(実習)、前腕義手(実習)、上腕義手(実習)

唐澤 佑梨子

義肢装具士は患者様一人ひとりのためにモノづくりをする仕事です。モノづくりの先に患者様の姿を見ることができる義肢装具士は、患者様の喜んだ顔を見るのが一番の喜びです。人のためにモノづくりがしたい!というあなたにぴったりのお仕事、目指してみませんか!

唐澤 佑梨子(義肢装具士)

【 担当教科 】
義肢装具学概論、義肢装具基本工作論(実習)、
体幹装具概論、体幹装具(実習)、下肢装具Ⅰ(実習)

太田 賢人

四肢を切断された方や、身体に障害を持った方の生活環境は様々です。義肢装具士は、仕事や趣味、日常生活など患者様一人一人が望む最良の義肢装具を考え製作し、提供します。再び、仕事や趣味が出来るようになった患者様と共に喜びを分かち合える魅力的な仕事です。伝統ある本校で、義肢装具士を目指してみませんか? 全力で応援します!

太田 賢人(義肢装具士)

【 担当教科 】
下腿義足Ⅰ・Ⅱ(実習)、大腿義足(実習)、義足概論Ⅱ、
前腕義手(実習)、上腕義手(実習)、
下肢装具Ⅱ・Ⅲ(実習)、上肢装具(実習)

ページトップ