BLOG - 義肢装具学科

靴型装具の製作実習が始まりました!

2017/05/12

2年生は4月から、靴型装具の製作実習を行っています。

この製作実習では、採型した自身の足型を基に、木型(ラスト)の製作から甲革(アッパー)の吊り込み、仕上げまでの工程を学習して行きます。

今回は採型から陽性モデル修正までの様子をレポートします!

義肢装具士 靴型装具 日本聴能言語福祉学院はじめにフットプリントで静止立位時の足底圧を計測し、評価を行います。

足部の正常な骨配列や、アーチ構造について理解していることが重要になります。

次に木型(ラスト)の基礎となる足部の採型を行います。

ヒールの高さや、踏み返しの角度を設定した状態で、ギプス包帯を巻いて行きます。

義肢装具士 靴型装具 日本聴能言語福祉学院計測したフットプリント上で、製作する木型(ラスト)のデザインを行います。

義肢装具士 靴型装具 日本聴能言語福祉学院この学生たちは、どうすれば格好の良い靴型装具のデザインになるか、話し合っているようです。

義肢装具士 靴型装具 日本聴能言語福祉学院木型(ラスト)の製作で重要なポイントは、アライメントの設定です。

ヒールの高さを考慮しアライメントを適切に設定することで、歩容が大きく変化します。

義肢装具士 靴型装具 日本聴能言語福祉学院靴型装具は製作工程が多いため、先生の説明を聞き逃さないよう真剣に聞いていますね!

義肢装具士 靴型装具 日本聴能言語福祉学院少しずつ、木型(ラスト)の形状に近づいてきましたね!

日頃から履いている靴は、適合の良し悪しを実感できる唯一の装具といえます。自身の足の形状や特徴をよく把握して、適合の良い靴型装具を製作して下さいね!

講義レポート 2年生

<< 戻る

ページトップ ページトップ