BLOG - 義肢装具学科

靴型装具の製作実習が始まりました!

2017/05/12

2年生は4月から、靴型装具の製作実習を行っています。この製作実習では、採型した自身の足型を基に、木型(ラスト)の製作から甲革(アッパー)の吊り込み、仕上げまでの工程を学習して行きます。今回は採型から陽性...

続きを読む

講義レポート 2年生

PTB式下腿義足の製作実習が始まりました!

2017/05/12

2 年生は4月から、PTB式下腿義足(膝下の切断に用いられる義足)の製作実習が始まっています。この実習では、下腿切断の方にモデル被験者になっていただき、採寸採型から製作、ソケット適合、義足調整までの一連の工...

続きを読む

講義レポート 2年生

第30回義肢装具士国家試験

2017/03/04

先月の2月24日(金)に第30回義肢装具士国家試験が東京で行われました。3年生は前日に出発し、無事に受験してきました。試験前日から行われた壮行会の様子をレポートします!出発直前、教室で先生方より激励のお言葉...

続きを読む

行事レポート 1年生 2年生 3年生

2年生 筋電義手の仮合わせから適合までをレポートします!

2017/02/17

昨年10月から実施してきた、『筋電電動義手』の仮合わせから適合の様子をレポートします。筋電電動前腕義手の仮合わせは、オルフィットランス(透明なプラスチックの材料)を使用し、ソケットの適合状態を確認します...

続きを読む

講義レポート 2年生

2年生 上腕義手(実習)が始まりました。

2017/02/14

筋電義手の製作に続いて、上腕能動義手の製作実習が始まりましたので、その様子をレポートします!この科目では、上腕能動義手を製作します。能動義手とは、上肢帯(肩甲骨、鎖骨)と体幹の運動を利用し、コントロー...

続きを読む

講義レポート 2年生

2年生 下肢装具Ⅲ(実習)『長下肢装具』の製作実習が始まりました。

2017/02/12

長下肢装具とは大腿部から足部におよぶ構造で、膝関節と足関節の動きをコントロールする装具です。主に脳卒中のような中枢神経疾患による下肢の麻痺や、膝の筋力低下、不安定性が生じて体重の支持ができない場合など...

続きを読む

講義レポート 2年生

『整形靴』のスペシャリストによる特別講義が行われました。

2017/02/03

2年生の「下肢装具概論」の講義のなかで、整形靴のアッパー(甲革)の設計方法を学ぶ特別講義が行われました!この講義の講師には、義肢装具士として整形靴製作に長年携わっておられる眞殿浩之先生(川村義肢株式会...

続きを読む

講義レポート 2年生

2年生 『日本整形靴技術協会学術大会』をサポート!

2017/01/28

去る1月28日(土)・29日(日)に第13回日本整形靴技術協会学術大会が名古屋(今池ガスビル)で開催され、2年生が運営スタッフとして2日間の学会をサポートしました!この学会には医師、義肢装具士、看護師、整形靴製作...

続きを読む

行事レポート 2年生

臨床実習症例報告会が行われました。

2016/12/27

去る12月10日(土)『平成28年度臨床実習症例報告会』が行われましたので、その様子をレポートします!義肢装具学科では臨床実習中の課題として、自らが経験した症例をケースレポートにまとめ、記録することを指導し...

続きを読む

行事レポート 2年生 3年生

『人工ボディ』の特別講義が行われました。

2016/12/14

今回の特別講義は川村義肢株式会社 工房アルテの福島有佳子先生にお越しいただき、「人工ボディ」についてご講義いただきました。欠失した身体の一部を緻密に再現し、適合するための技術を知るための貴重な講義です...

続きを読む

講義レポート 2年生

 1  2 

ページトップ ページトップ