BLOG - 聴能言語学科・補聴言語学科

学内訓練での一コマ

2017/01/25

今日は構音障害の患者さんとの学内臨床(訓練)での一コマについてお伝えします。

(ご本人から承諾を得ています)

構音障害とは話す為に必要な筋肉が麻痺するなどして、話しにくくなるものです。

私はその患者さんの話が聞き取りにくい時には、書いてもらって会話を楽しんでいます。

 

先週、その患者さんから、担当の療法士さんが結婚するので電報を送りたい、

どうすれば良いかと聞かれました。

 

電報を手配する時、私たちは電話かインターネットを利用します。

うーん、どちらも難しそうです、どうしよう。。。

 

そうだ、レタックスがある!

調べてみると郵便局に行けば申し込みができます。

会って話せば書字も使えますし、結婚式用の台紙もあります。

 

近くの郵便局に行ってみるよ、とおっしゃって帰られました。

 

そして、今日確認すると、郵便局員さんに丁寧に対応していただき、

無事に送る事ができたそうです。

 

メッセージは「アモーレ」「新婚さんいらっしゃいに出てね」と書こうとしてやめたとか。

 

できなかったら今日お手伝いしようと思っていましたが、

ご自身で手配できて本当に良かったです。

担当の療法士さんも喜んでくれることでしょう。

末永くお幸せに

教員室から

<< 戻る

ページトップ ページトップ