BLOG - 聴能言語学科・補聴言語学科

新刊入りました

2017/05/15

 本学院の歴史は長く、図書室の自慢の蔵書は4,000冊を超えています。すべて言語聴覚士に関わる書籍であり、(残念ながら)大衆小説などはありません。学生は卒業してからも自由に貸出・閲覧できます。

本年度も新刊図書72冊が届き、新しいパルプの香りが漂っています。ようやく全登録が完了しましたので、図書館に配置してきました。DVDも5つあります。

一部分を以下に紹介します。

・小児科臨床ピクシス2  発達障害の理解と対応 改訂第2版・他2冊

・パーキンソン病外来 (神経内科外来シリーズ 2)20182

・日本摂食嚥下リハビリテーション学会eラーニング対応シリーズ全7冊(改訂第2版)

・摂食嚥下リハビリテーション 第3版

・伝導失語-復唱障害、STM障害、音韻性錯語

・日常生活から高次脳機能障害を理解する―認知関連行動アセスメント

・精神・心理機能評価ハンドブック

・吃音検査法 第2版

・リハビリテーション リスク管理ケーススタディ

 

 

教員室から

<< 戻る

ページトップ ページトップ